赤ちゃん服の洗濯はいつもクリーンに|清潔な服でトラブルを解決

赤ちゃんの肌を守る

赤ちゃん

誰もが憧れるつるつる肌の赤ちゃんですが、本当は大人以上にデリケートなお肌です。皮膚が薄いため、乾燥しやすく、それが原因でアレルギーを引き起こしたりすることもあります。

詳しくはコチラ

育児の際に増える洗濯物

赤ちゃんの洗濯洗剤を紹介しているのがこちらのサイトです!柔肌に負担をかけないせんざんが数多く紹介されいています!

お肌の弱い赤ちゃんのためのお洗濯

洗濯物

赤ちゃんが生まれると、洗濯物の量は大量に増えるという声を耳にすることがあります。赤ちゃんは、新陳代謝が活発でよく汗をかくため、または一日に何度も着替えをするため、洗濯をする機会が多くなるようです。 古くは、洗濯は粉せっけんで行われていたため、赤ちゃんの肌着やおむつにはとても適した洗濯方法であったと言えます。粉せっけんはとても汚れ落ちがよく、なおかつふんわり仕上がると言われているため、柔軟剤が無い時代でも、天日に干すことでふんわり真っ白に仕上がっていたようです。 紙おむつがメインで使われる時代になり、洗剤も合成洗剤が主流になったため、育児の利便性は格段に上がり、洗濯機も全自動のが主流となった為、柔軟剤や漂白剤も同時に使用されるようになりました。

様々な洗剤があります

赤ちゃんの肌着や布おむつは、肌へのやさしさを考えて、大人のものとは異なる洗剤で洗っている家庭が多いようです。赤ちゃんの肌は薄く、トラブルが起きやすいため、なるべく肌に優しい洗剤で洗うことで、それらを防ぐことができると考えられています。赤ちゃんの肌着などを洗うための、専用の洗剤も多数販売されており、汚れ落ちが良く、刺激になりやすい香料や着色料などの添加物を配合しないタイプが人気となっているようです。 専用のものではなくても、昔ながらの石けんを赤ちゃんの洗濯物を洗うのに使用している人が増えているようです。昔ながらの石けんは、汚れ落ちがよく、赤ちゃんのものをあらうのに適していると考えられ、そのメリットが再び見直されているようです。エコロジーブームを受けて、環境を汚さない石けん成分の洗剤は、更に需要が高まると予想されます。

対処法が異なる

親子

乳児湿疹が確認された場合、産婦人科ではなく、小児科か皮膚科を受診するようにしましょう。また、同じ湿疹に見えても、湿疹が出来ている場所や湿疹の状況によって、原因を見極める事が可能です。

詳しくはコチラ

大人も使うことが可能

はいはい

ベビーオイルとは赤ちゃんの肌ケアに使用するアイテムです。赤ちゃん向けに低刺激に作られています。ドラッグストアなどで手軽に購入できます。大人も活用することが可能です。肌のマッサージだけでなく様々な活用方法があります。

詳しくはコチラ

内臓や胃腸に優しい水

親子

赤ちゃんは大人と違い内臓や胃腸が弱く硬水やミネラルウォーターを使用してミルクを与えた場合、下痢を引き起こしてしまうことがあります。そのため優しい軟水を利用すると良いでしょう。また便利なウォーターサーバーの利用も人気です。

詳しくはコチラ

お腹の調子を知る

ミルク

月齢によって便秘の症状が異なるとされている小さな赤ちゃんですが、症状や原因をしっかり理解しておく必要があります。場合によっては腸の病気を引き起こしてしまうことがあり、親が気づいてあげることが大切です。

詳しくはコチラ

長い睡眠時間

赤ちゃん

基本的に多くの睡眠をとる赤ちゃんは、使用する布団にこだわる必要があります。小さな子どもは骨がしっかりしていませんから骨が歪まないように対策をしましょう。またデリケートな肌質ですから、素材にも気を付けることが大切です。

詳しくはコチラ