赤ちゃん服の洗濯はいつもクリーンに|清潔な服でトラブルを解決

赤ちゃんの肌を守る

赤ちゃん肌

赤ちゃん

自分は乾燥肌なので、冬になると粉をふいてしまいます。赤ちゃんの肌ってなんで、あんなにつるつるなんでしょうか。大人からすると本当にうらやましいですが、実は赤ちゃんのお肌って大人以上に乾燥しやすいってご存知ですか。赤ちゃんの肌は大人の半分の厚さしかありません。とってもデリケートなんです。皮脂や水分も早く失われてしまいます。そのお手入れは、昔はクリームなどを塗るくらいだったようですが、最近は乾燥しないように加湿器も普及していますし、ベビー用のオイルやローションもたくさん使われています。ちゃんとお手入れしていれば、赤ちゃんもお母さんも快適に過ごすことができます。

乾燥はお肌の大敵

さて、最近はアレルギーをもって生まれてくる赤ちゃんも増えていますが、乾燥が原因のアレルギーも増えています。本来、赤ちゃんは新生児の間は水分などもたっぷりなのですが、2か月も過ぎると、だんだん皮脂の分泌も少なくなり、コントロールが不安定になりがちです。乾燥しやすい赤ちゃんは、肌着が肌に触れる度、ガーゼで顔を拭いたりする度にとてつもなく刺激を受けているのだそうです。それが重なると、乳児湿疹ができてきたりしてしまいます。このように肌が荒れてしまうと、アトピーなどの心配も増えてくるとのことです。赤ちゃんの頃のお肌のお手入れが一番大事だというお医者さんもいるので、ケアにはこまめに気を付けて見ていきたいですね。