ほくろ除去の基本的知識[しっかりと知識をつけよう]
ロゴ

ほくろ除去の施術を受けるうえで頭に入れておくべきこと

ほくろ除去の基本的知識[しっかりと知識をつけよう]

ドクター

赤みが残る

ほくろ除去するためには、一般的に美容皮膚科で施術を受けることになります。美容皮膚科での施術法には色々ありますが、施術法によっては、施術箇所に赤みが残ります。しかしながら、メイクで容易に隠すことができますので、安心していいでしょう。また、赤み自体も永遠に残るわけではなく、数ヶ月も経てば自然と消えます。

レディ

マスクは用意したほうがいい

ほくろ除去の施術を受けると、必ず施術箇所に保護テープを貼られます。もし、顔のほくろ除去の施術の場合、保護テープを貼られた状態はかなり目立ちますので、施術当日はマスクを準備したほうがいいでしょう。

看護師

保護テープは剥がしてはいけない

ほくろ除去した後、施術箇所は凹んだ状態になります。もし、保護テープを剥がしてしまうと、肌の再生時に盛り上がってしまいます。盛り上がらないために、保護テープを貼っていますので、絶対に剥がさないようにしてください。

医者

ほくろ除去後はきちんと日焼け対策を

ほくろ除去した箇所は、敏感肌になっており、通常よりも日焼けがしやすくなっています。日焼けしてしまうと、ほくろが再発する恐れがありますので、忘れずに日焼け対策をするようにしましょう。

ほくろが出来る原因ランキング

婦人
no.1

紫外線を頻繁に浴びる

1番多いケースです。紫外線を浴びれば浴びるほど、肌にメラニン色素が多く生成されてしまいます。その結果ほくろが出来てしまうのです。日頃の対策が重要と言えるでしょう。

no.2

ストレス

過剰なストレスは、自律神経の乱れに繋がります。自律神経が乱れてしまうと、生成されたメラニン色素が体外に排出しにくくなり、ほくろが出来てしまう可能性があります。適度にストレス解消すると良いでしょう。

no.3

食生活の乱れ

正常であれば、肌はターンオーバーで古い細胞が排出されるのですが、栄養バランスが偏った食事を摂り続けていると、肌のターンオーバーができずに、体内にメラニン色素が溜まってしまいます。栄養バランスが偏っているのであれば、栄養バランスの良い食事に切り替えてください。

no.4

睡眠不足

睡眠をたっぷり取ると、成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが起きます。しかしながら、寝不足だと、うまく成長ホルモンが分泌されずに、肌のターンオーバーが起きず、メラニン色素が排出されません。その結果ほくろが出来てしまいます。睡眠はたっぷり取るようにしましょう。

no.5

生理前

生理が近づくと、「プロゲステロン」という成分が分泌されるようになりますが、この成分は、メラニン色素を生成する、メラノサイトを活発にさせる働きがあります。生理前はイライラしやすいので、ストレスを感じたり寝不足になってしまいがちなので、ほくろが出来てしまう可能性があるのです。

広告募集中