赤ちゃん服の洗濯はいつもクリーンに|清潔な服でトラブルを解決

お腹の調子を知る

ミルク

成長と同時に赤ちゃんの便に違いが現れてきます。また赤ちゃんが食べる物によって排出する便の回数にも変化があり、中には便秘ではないかと心配する親御さんは少なくないでしょう。離乳食やミルクなど小さな子どもが口にする食べ物と便秘は関わりがあると言われていますが、赤ちゃんの月齢が異なるだけでも便秘の原因が違ってくるとされていますから、赤ちゃんの月齢に合わせた原因など知識を得ておく必要があります。また健康被害を避けるために対策方法も学びましょう。

赤ちゃんの便が2日ほど出ない場合でも、基本的に毎日食事を摂る場合や、いきんだり苦しんだりせずしっかり排便出来ている場合は特に問題はないといわれています。しかし2日以上排便がない場合や、食事を摂ってももどしてしまう場合、あまり食べようとしない、比較的お腹が張った状態などは、便秘の可能が考えられます。また便秘だけではなく腸なども何かしらの問題がある可能性が高いため、専門医師に診てもらう必要があります。

赤ちゃんは成長とともに腸が発達をするためその影響で便秘の症状を引き起こすといわれています。また便秘だと思われる場合は、マッサージでケアをしてあげましょう。マッサージにはいくつかの方法があり、のの字に沿ってお腹をマッサージする方法や、お尻のマッサージ、足のストレッチなどがあります。赤ちゃんは自分自身で症状を伝えることが出来ませんから、親が気づいてあげる必要があります。