赤ちゃん服の洗濯はいつもクリーンに|清潔な服でトラブルを解決

対処法が異なる

どの病院を受診するべきか考えよう。

親子

乳幼児に湿疹が出てしまう事は珍しくありません。現に、多くの母親が直面して困っています。それに乳幼児の雑誌には、そういった特集を組まれている事も多々あります。それ程発症率も高く、困った経験をしている母親が多いのです。 乳児湿疹を確認した場合、それ程深刻な状況でなければ、放っておいても問題はありません。特に生後1ヶ月未満の乳児湿疹は、新生児ニキビの場合が多く、赤ちゃんをしっかりとお風呂に入れて、清潔にしておけば沈静化します。 しかし、新生児ニキビではなく、かゆみを伴っている乳児湿疹は、病院を受診すべきです。よく産婦人科を受診してしまう母親がいますが、産婦人科は乳児湿疹の治療を専門としてはいません。ですから、小児科若しくは皮膚科を受診すると良いです。小児科を受診すれば、専門外の場合に皮膚科を紹介してくれる事も多いです。かかりつけ医を探す意味でも、まずは小児科に行く事がお薦めです。

アレルギーによる乳児湿疹には要注意

乳児湿疹は、その原因によって対処方法も異なります。ですから、赤ちゃんの湿疹状況をしっかりと観察して、対処方法や受診する病院を決める事が大切です。 例えば、乳児脂漏性湿疹の場合は、母親の女性ホルモンの影響もあり、皮脂が赤ちゃんの毛穴に詰まってしまう事で引き起こされます。顔周りにかさぶたのような物が現れる事が特徴で、お風呂に入り清潔にしておくと治ります。この場合、病院に行く必要はないでしょう。 注意しておきたいのは、アレルギー性の湿疹です。アレルゲンとなる物質を食べてしまう事で引き起こされる湿疹で、酷い場合には呼吸困難になる事もあるので気をつけなければなりません。口内や口の周り、全身に発疹が出た場合は、アレルギー性の可能性が高いですから直ぐに小児科を受診しましょう。 このように同じように見える乳児湿疹でも、多少異なる点は多々あります。まずは原因を見極めてから、適切な処置を行う事が重要です。