赤ちゃん服の洗濯はいつもクリーンに|清潔な服でトラブルを解決

長い睡眠時間

赤ちゃん

睡眠は赤ちゃんにとってとても大切なことです。実際に平均をして1日に最大20時間ほど睡眠に時間をかけているといわれています。また睡眠には布団が必要であり、常に横になっている赤ちゃんは適した布団を使用することが大切です。

赤ちゃんはまだ骨がしっかりとしてないことから柔らかいことがいえます。そのため背中の骨や首の骨を自分で支えることが難しい状態です。このことから大人が普段使用している布団を利用した場合、背骨などのゆがみが生じてしまうことがあります。背骨の歪みはこれからの子どもの成長に大きく関わるため避けては通れないことです。また赤ちゃんがスクスク眠れるような環境を作るには、適した温度を保つことが必要です。生まれた頃は寒がりだとされていますが、数ヶ月後には汗をたくさんかくといわれており、体温調節が可能な布団を選ぶと良いでしょう。

身体のバランスが整っていない小さな子どもは、高い枕を使用することや、柔らかさのある敷布団でうつ伏せになることで窒息を引き起こしてしまう可能性があるとされています。柔らかい敷布団が良いと判断される方がいますが、生まれたばかりの赤ちゃんには避ける必要があります。また、枕も高さの合うものを選びましょう。

赤ちゃんの肌はデリケートだと知られています。そのため肌を密着する時間が長い布団の素材をこだわる必要があります。シーツやカバーは肌触りの良いものを使用し少しでも肌に与える刺激を少なくさせてあげましょう。